Session3【共鳴の必要性】

LINEで送る
Pocket

1:共鳴のメカニズム

共鳴のメカニズムを解説する前に、まずは「なぜ共鳴を行わないといけないか?」を考える必要があり
ます。
共鳴を行う必要性とは、

1:芯のある大きな声を出す
2:相対音感を高める
3:声帯の負担を軽くする

大きく分けてこの3点になります。

図3をご覧下さい。

この図を使って共鳴のメカニズムを解説して行きます。

共鳴のメカニズム

図3

これは人間の顔から首にかけての断面図です。
各部位をまず説明していきます。

まず
鼻の穴は細いと思っている方がいますが(確かに細いには細いですが)、実は鼻の中には何重にもヒダが分かれています。
重なっているヒダ(上鼻甲介・中鼻甲介・下鼻甲介)から鼻水が作られます。
それが鼻の下の方へ垂れて行くという仕組みです。

上咽頭

さらに鼻の奥に行くと軟口蓋があります。
ここ一帯の空洞を上咽頭といいます。
円で囲った部分が上咽頭です。
上咽頭に声を当てることによって芯のある声を作り出すことができます。
その出し方は、もう少し後で説明をして行きます。

食道と気管

さらに下へ下がって行くと食道と気管に分かれます。
人間が食べ物を飲み込む時は、息を吸うことができません。
気管の入口は弁になっていて、舌が食べ物を感知すると声帯へ食べ物が落ちない様に閉じる仕組みになっています。
気管には食物や唾液などは流れず、食道へと流れ込みます、そして食道から胃に落ちます。
息を吸う時は、弁が開いて空気が気管へ流れ込みます。
時折むせて咳き込んでしまうのは、弁が上手に作用しないで異物が気管に入り込んでしまった為です。
異物を外に出す手段が咳だと考えると、咳は必ずしも悪いものではないと言えますが、声帯にはダメージが強烈なので、あまり咳をしない環境を作る様にしましょう。

声帯

さて、気管の入口から少し下には声帯があります。
声帯は喉仏の中に入っていて、男性だと外から見て場所を確認できるので分り易いですが、女性は喉仏が見た目は隠れているので外観からは分かり辛いものです。

声帯

声帯は2本の割り箸のようなものです。
上の左図の様に息を吸っている時は開いています。
声を出している時は、右図のように声帯が閉じることによって音が鳴る仕組みです(この時、息は肺から喉を通過しています)。
以上が首から頭にかけての各部位の説明になります。

共鳴させる方法

次は、共鳴させる方法です。
腹式呼吸ができていることを前提として、話を進めて行きます。
何度も言いますが、「腹式呼吸が発声の基本」です。
どうすれば共鳴させることができるのか?と考えると、ポイントは喉を開くことです。

喉の開き方

喉の開き方は簡単に言うと、喉仏を下げることです。
女性の場合は甲状腺が男性の4倍大きいので喉仏が外から見えません。
ですから、舌を目安にして喉が開いているかどうかを確認して下さい。
男性がこの確認方法を取っても構いませんし、場合によっては喉仏を確認する以上に有効です。

喉が開いている舌の状態とは

喉が開いている舌の状態とは(母音「A」=「あ」の発声の場合)…
1:舌の先端が下の歯の先端裏側にくっ付いている
2:舌全体が下の歯よりも上に浮かない
3:舌が滑らかに安定している(真ん中が凹んだり、盛り上がったりしない)
4:喉から唇にかけて滑らかに、滑り台の様に舌が下がっている
以上の4点が必要になります。

この4つを守ることにより、喉全体に空洞がしっかりできるのです。
空洞ができるということは、上咽頭に声が当たる基本準備ができたということです。
この状態は大砲の筒のような口の状態ですから、声は真っ直ぐに前に突き抜けます。

しかし、まだ共鳴させるのに必要なことがあります。

息を減らす

それは「息を減らす」ということです。
共鳴を完成させるためには、息が多過ぎてもダメです。
そして少な過ぎてもダメです。
絶妙な状況を作り出すためには、腹式呼吸を理解した上で声を出して息と声の大きさのバランスを知ることが重要です。
ボイスポジションを探すという行為ですが、これについては連盟主催の「ボイストレーニング勉強会」などで実践しています。

ボイストレーニング勉強会の実施スケジュールは連盟ホームページ、下記よりご確認下さい。

JAVCERT勉強会の詳細・お申し込み

以下は共鳴の失敗例です。
真冬の寒い所で、「はぁ~」と手を温めるために吐く息は胸式呼吸です。
このような胸式呼吸に声を乗せた場合、高音は発声できるでしょうか?
不可能です。

共鳴は上咽頭、中咽頭、下咽頭、声の大きさ、息の量などが複合的に噛み合わないと成立しないテクニックです。

2:共鳴と相対音感

相対音感とは
自分が音を取るために、何か他の音を基準にしないと分らない音感のことをいいます。
ほとんどの人が相対音感です。
絶対音感とは
基準とする音が無くても音を判断できる、例えばスプーンが床に落ちたり、指で机を叩い
たりした音さえもどの音の高さなのか判別できる音感です。

どちらの音感も良い部分もあれば悪い部分もあります。
相対音感は感覚を磨き上げることが難しいですが、感性が豊かになります。
絶対音感は…感覚は初めから備わっています。
しかし、それだけに頼ってしまうがゆえに感性が鈍る場合があります。

どちらにしても、これだけで歌が上手いか下手かを判別するものではございません。
単なる音楽用語程度に解釈して頂いて結構です。

さて、「共鳴と相対音感」という項目を設けたのには、もちろん理由があります。
共鳴による声の“骨伝導”を利用して、相対音感を高めるのです。

人間の耳の奥(内耳)には、三半規管や蝸牛(かぎゅう)という部分が存在します。
“平衡感覚”を感じるのは三半規管、“音を聞き分ける”のは蝸牛という器官です。

今回重要なのは、音程を聞き分ける蝸牛という器官の方ですが、厳密に音感を高める場所は蝸牛だけではなく、三半規管も含めた中耳から内耳全体です。
蝸牛という単語は覚えて頂かなくても問題ありませんが、骨電動を語る上では必要な部位です。

発声して人の頭で声が共鳴することによって、頭全体が響きます(共振します)。
当然、内耳の蝸牛まで響きが行き渡っています。

人間の耳は、一度にたくさんの音を聞き分けることができます。

ギターの音、キーボードの音…単音、和音…色々あります。
それぞれに異なる周波数があります。
声をその周波数に合わせるという練習が、内耳(主には蝸牛)を使った共鳴による相対音感を高める練習方法です。

1:外で鳴っているオケを聴く。
2:自分の声の振動を感じる。
3:さらに自分の声が外で鳴っているのを耳で聴く。

以上の3点をヒントにして、相対音感を磨き上げることができます。

3:“抜ける声”とは

ボーカリストは、「抜ける声を出す」必要に迫られることが多々あります。
レコーディングの時など、抜ける声を出すように求められるケースがあります。
プロの現場で、そういうことを求められるのは非常に多いですが、一般的にはあまり知られていない“抜ける声”という表現…それは「一体どんなものなのか?」をここで解説します。

『抜ける声=オケよりも浮いた声=マイクに乗り易い声』

と認識して頂いて構いません。
“浮く”という表現を使いましたが、もちろん良い意味での“浮く”です。
他の楽器を無視して自分の歌声の音程が外れていたり、リズムがずれていたりする“浮く”ではありません。
ボーカルの存在感を高めるためにも、浮く声が必要なのです…何より説得力がありますし、迫力が増します。
ではオケよりも浮いた声は、どうすれば発声できるのでしょうか。
以下はその方法です。

  1. 腹式呼吸をマスターする
  2. 発声に対して息を少なくする
  3. ハミングで唇を振動できるようになっている(ハミングはSession6【ハミング】 を参考にして下さい)
  4. 部屋で発声する場合、部屋の四隅がビンビン振動して共鳴している(共鳴は共に鳴ると書いて共鳴
    ですから部屋も自分の頭の中も全てが共に鳴り振動します)

「抜ける声」と「抜けていない声」とは、自分自身で中々分別できない場合が多いです。
ボイストレーナーに聴いて貰う、誰か他の人に聴いて貰う、またはしっかりとしたレコーディングをして自分の声を客観的に聴く必要があります。

※当連盟主催の「ボイストレーニング勉強会」では抜ける声を実践してご理解頂いております。

LINEで送る
Pocket