声が小さいと言われる話し方の改善方法

LINEで送る
Pocket

日本ボイストレーナー連盟の石塚弓子です。

声が小さいと言われて悩んでいます」というご相談をよく受けます。

「声が小さい」原因

声の小ささにも色々な種類があり、
・ぼそぼそとした話し声になってしまい、聞き取り辛い場合
・声がこもっていて響かない場合
・実際に声の音量が小さい場合
など、様々です。

声帯は精神面での影響を受けやすい為、緊張やプレッシャーを感じる事で、体に力が入ってしまい、声がこわばってしまうという事も大いにあります。

特にビジネスにおけるプレゼンの際や、発表会など、沢山の人の前で話をしなければならない時は、誰しも緊張してしまうものですよね。

リラックスして話をする事が大切ですが、今日は共鳴という事にフォーカスしてお話してみたいと思います。
これができるようになると、「声が小さい」と言われる事がぐっと減るはずです。

「通る声」を出すためのボイストレーニング

まずは、芯のあるしっかりとした声を出す為には、腹式呼吸が大切になってきます。
以下を参考にしてみてください。

Session2【腹式呼吸の練習方法】

とは言え、ナレーションのお仕事をされる場合など、必ずしも腹式呼吸が必要ではない場合もあります。

しかし、声の響きに関しては、どの場面でも必要になってくるものですので、
共鳴に関する練習方法であるハミングを是非やってみて頂きたいと思います。

声の抜け、通りが良ければ、たとえ音量が小さな声であってもよく響き、相手に伝わりやすいものです。

『共鳴について』
Session3【共鳴の必要性】

『ハミングのやり方』
Session6【ハミング】

また、口の開き方も関係してきますので、あいうえお運動で、言葉を一音一音丁寧に発声する練習もおすすめです。

慣れてきたら、母音以外にも、色々な子音を響かせられるように練習して頂くと良いです。

様々な発音については、以下を参考にしてください。

『口の開け方について』

Session4【様々な発音】

是非お試しください。

本日紹介したSessionは、当連盟が発行しているボイストレーニングガイドラインの一部となります。
メルマガ登録のページにてメールマガジンに登録して頂ければ、どなたでも無料でダウンロード可能ですので、「声」のスキルアップを目指す方は是非ダウンロードしてください。

第4版 Ver.2017.07.10 変更点
・全体的な文章校正
・言葉使い、言語の統一(ひらがな、全角半角の統一含む)
・日本ボイストレーナー連盟の各ページのロゴを省略
・Session1 P.8の上半身図の「腹横筋」の追記。その他文章修正
・Session3とSession8の声帯図の向きの統一
・Session4の「I(イ)」の図の解説文
・Session9【ミックスボイス・ウィスパーボイス】Session追加
・Session10 マイナースケールの半音の灰色ライン部分の修正
・Session12 ソルフェージュの譜面の差し替え
・Session14 図に「腹横筋」文字の追記
・Session15 ビブラートの図。舌の絵の修正、動きの詳細文の省略
・Session20 生理食塩水の分量の記述を省略。

第3版 Ver.2015.12.01 変更点
・文章表現の見直し及び、誤字・脱字などの修正
・Session12を【リズム】から【ボイスポジション】に変更
・生理食塩水については、医療的立場では責任を全う出来ないという当連盟の考えから当該項目の件を全文削除致します

メルマガ登録のページにてメールマガジンに登録して頂ければ、どなたでも無料でダウンロード可能です。

また、当連盟では、有資格者で話し方のレッスンができるボイストレーナーのご紹介や、発声能力を向上する為の、一般の方が参加可能な講座を定期的に実施しています。
今の自分よりも、発声能力を高めたい、発声技術を磨きたいという方は是非、下記より詳細をご確認下さい。

ボイストレーナー紹介制度について

ボイストレーニング講座について

LINEで送る
Pocket