Session5【発声練習~その1~】

LINEで送る
Pocket

1:スタッカートの練習方法

スタッカートとは、これも音楽用語で楽器全般に使う言葉です。
「その音を短く切って演奏する」という意味です。
ドッグブレスとは違って、ここでは声を使ったスタッカートの練習方法を紹介します。
ドッグブレスでは、息のアタックという点を重要と考えてご説明しましたが、今回は息のアタックではなく、声のアタックが重要になります。
毎回「A」「A」「A」…と、短いインターバルで発声して、どれだけ共鳴とアタック感が出ているかが重要です。

「A」の場合のスタッカートの発声の注意点を以下説明します。

スタッカートの発声の注意点

  1. 1秒の間に「吸って吐いて」という腹式呼吸を使って発声を繰り返す。
  2. 声が部屋の四隅までしっかり共鳴できていること、もちろん自分の頭の中で共鳴ができていないと
    不可能です(ここまでくるとかなり難しい練習になってきます)
  3. 口の開け方・舌の位置が正しくできているかどうかをしっかり確認する(「A」の場合)。
    腹式呼吸で息を吐く時に顎が動いていたり、肩に力が入って動いていたりするのは問題ありです。
    腹式呼吸を使うにしても身体に力が入り過ぎないようにするのがポイントです。
  4. リズムを均等に練習を行う。
    酸欠状態になって初めは若干苦しいかもしれませんが、30 秒間は頑張って練習する。

このスタッカートの練習をマスターすることにより、歌を歌うときにブレスの余裕がでてきます。
共鳴ができているかどうかも確認しながら頑張って練習します。

2:ロングトーンの練習方法

ロングトーンは、声を長く発声するということです
ロングトーンの注意点は、
* 安定してブレないで声を出し続けられるか。
* きれいに共鳴している声が出ているか。
* 20 秒以上できているか。

の3点。

これがしっかりできてこそのロングトーンです。
長く発声していて声がブレるのは、息の状態が不安定だからです。
その場合はまず、ロングブレスを安定させましょう。

ロングトーンができるようになると、歌にどのような影響が出てくるのでしょうか。

結論から言うと「影響力は極めて大きい」です。
何よりも安定感が格段に違います。
“ちりめんビブラート”という言葉をご存知でしょうか?
ビブラートを掛けたくないのに、かかってしまうというものです。
簡単に言うと「声のブレ」です。
つまり意図せずに掛かってしまうビブラートと比較すると、真っ直ぐに声を出すスタイルの方が、より難易度が高いのです。
「上記のような内容ができるようになる」、という目的を持ってロングブレスを頑張って練習しましょう。
かならず大きな成果をもたらしてくれるはずです。

LINEで送る
Pocket