吃音について

LINEで送る
Pocket

吃音を治したいという方は、結構多いと思います。
今回は吃音に関する記事です。

吃音(きつおん)とは

まず吃音とは、言葉を発する時に、音が詰まってしまったり、同じ音を繰り返したりして、スムーズに話せない状態を言います。

一時的に無音になり、後の言葉が続かない状態などの症状もそうですが、原因は様々で、明確にはしづらいものです。

昔は精神的な緊張など、心因性のものとされ、治療には心理療法が主に取り入れられていたようですが、最近は治療法も色々と変わってきています。

お子さんの吃音に関しては、環境調整で治る場合が多く、殆どが自然治癒するのに比べて、大人の吃音は治りにくいと言われています。

周りから指摘されるのを気にするあまり、余計に悪化してしまうケースもあります。

吃音を改善するポイント

こちらの記事では医学的なお話ではなく、ボイストレーニングの観点からお話をさせて頂きます。

ポイントは3つです。

・腹式呼吸を意識
・早口を直す
・話し中の息継ぎや息の吐き方

腹式呼吸を行う

吃音を改善するには、胸式呼吸から腹式呼吸に切り替えるだけでも効果があります。
ゆっくりと鼻から息を吸い込み、下腹部や横腹を意識して発声練習をしますが、腹式呼吸は自己流ですと中々習得が難しいので、ボイストレーナーについて教わることをお薦めします。

早口を直す

早口ですと吃音が出やすくなるので、リラックスした状態で、ゆっくりと話せるようになるまで、ご自分の声を録音して繰り返し聴いてみるのもいいです。
やはり、ご自分の声を客観的に聴いてみるという事が重要になります。
録音して聴いてみると、自分が予想以上に早口で喋っていたというのはよくある事です。

息継ぎや息の吐き方

また、話す事に集中して、息継ぎせずに一気に話してしまう事が原因の場合は、話の合間で息継ぎを意識的に入れたり、緊張などから、吸い込んだ息を溜めたままになってしまう場合は、一度話をストップさせて気分を落ち着け、息を吐き出しやすくしてから話すようにするなど、心がけてみてください。

軽度なものでしたら、医学的なアプローチでなくても、ボイストレーニングで改善していく方法がありますので、あまり深刻にならずにご相談くださいね。

発声能力を向上するための講座について

当連盟では、有資格者で話し方のレッスン・ボイトレができるボイストレーナーのご紹介や、発声能力を向上する為の、一般の方が参加可能な講座を定期的に実施しています。

今の自分よりも
・発声能力を高めたい
・発声技術を磨きたい
・コミュニケーションツールとしての「話し方」を改善したい

という方は是非、下記より詳細をご確認下さい。

ボイストレーニング講座について

一般社団法人日本ボイストレーナー連盟
ボイストレーナー/石塚 弓子

LINEで送る
Pocket