Session6【ハミング】

LINEで送る
Pocket

1:ハミングの必要性

ハミングとは、口を開けずに歌うことで、「歌詞を言葉で表現しない歌唱方法」を言います。
歌詞を表現しないのにも関わらずハミングの練習が必要と言われるのは、ボイストレーニングにおいて「非常に高い効果をもたらす」からです。
ボイストレーニングだから、という理由だけではありません。
先も述べましたように、立派な歌唱方法の一種なので、音楽の場合は作品の中で取り入れるのも可能です。
ですから、ハミングは何としてもマスターしなければいけません。
さて、ハミングはどう練習すればいいのか、以下解説します。

ハミングの手順

  1. まず、口を「A」の形の状態にして下さい。
  2. そのまま歯を閉じて下さい(舌は平行で滑らかな「A」の状態のままです)。
  3. 唇を閉じて下さい(鏡で顔を見て違和感がない閉じ方で、唇の周りに力が入っていたらNG)。
  4. 口を閉じた上記の状態で「A」を発声して下さい。
    この状態で唇が振動しているかどうかを確認して下さい。
  5. 閉じている唇が振動している場合は、声が前に出ている、つまり“抜けている”ということが言え
    ます。
    声が唇に当たっている証拠です。
  6. 次に、ハミングをしながら鼻の下に手を当てて下さい。
    鼻息が漏れているかどうかを確認するためです。
  7. 鼻息の漏れをかなり感じるようだと、「共鳴不十分・声の抜け不十分」です。
    息の漏れが少なくなれば少ないほどに共鳴はできているし、声も抜けていると考えて下さい。

以上です。

つまり、『唇の振動』『鼻息の量』がハミングでは重要なポイントです。
この2点がクリアできていれば、口を開けて「A」を発声しても声がよく通るはずです。
ただし、基本的にハミングの練習も腹式呼吸ができていることが前提となります。
腹式呼吸は、どの練習にも必ず絡んできますので、よく練習して下さい。

2:スタッカートハミングの練習方法

ハミングは口を閉じている状態なので、ハミングの練習をスタッカートで声を出して行う場合は鼻から息を吸うことになります。
声を出す間隔と息を吸う間隔は、口を開けて発声している状態と同様です。
口を閉じているか、空けているかの違いです。
無論、極端に早くハミングでスタッカートを行うのは不可能です。
一番早いハミングスタッカートで2.5 発声/1 秒(息を鼻から吸いつつ)です。

よく腹式呼吸で息を吸う時に、「鼻から息を吸った方がよいのですか?」という質問をされることがありますが、鼻から吸って頂いて結構です。
ただ鼻が詰まっていたり、鼻の穴が小さかったりする場合もあるでしょう。
0.5 秒で息を吸うという目標がありますから、そのために口からも息を吸い込んでOKです。
但し、口から息を吸うと気管を痛める可能性がありますので、鼻・口のバランスが重要です。
鼻から息を吸うことによってフィルターを通すので、空気が若干浄化されます。
これが鼻から息をすう(=口から息をすわない)ことが気管を痛めにくい理由です。

話がそれてしまいましたが、スタッカートのハミングでの練習方法は、鼻から腹式呼吸で息を吸うというトレーニングにも活用できます。

唇の振動と鼻息の量の確認もして下さい。
スタッカートはアタックの練習でもありますので、ハミングで発声する瞬間に鼻息がたくさん漏れてしまったらNGです。

3:ロングトーンハミングの練習方法

ロングトーンでハミングを行う練習です。
ただ、単に口を閉じてロングトーンを行うだけの話ですが、あえて説明したいのは、『唇の振動』『鼻息の量』の確認をしてほしいからです。

ロングトーンは、安定感を取ることが最大の目標でした。
ということは、ハミングでロングトーンを行った場合、鼻息が突然増えたり減ったりしてはいけません。
唇の振動が変化してもいけません。
そして、少なくとも20 秒間(可能であれば30 秒以上)、ハミングで発声し続けなければならないなど、クリアしなくてはいけない点があります。

単純ですが、実はハミングはかなり難しい練習方法です。
しかし、ハミングが上手になれば、発声は確実にレベルアップします。

ハミングの項目は以上。

LINEで送る
Pocket