2021年2月度 JAVCERT 過去問題

LINEで送る
Pocket

問1(腹式呼吸/5点)

以下は腹式呼吸について記述したものである。ボイストレーニングガイドラインに則した内容として正しいものを以下から選択しなさい。(複数解答可)
また、解答が存在しないと思う場合には解答欄に『×』と記入しなさい。

  1. 腹式呼吸で息を吸ったら腹部が元の形状に戻った。
  2. 腹式呼吸で息を吐くとき丹田は凹ませる。
  3. 腹式呼吸で息を吸ったら背中だけが膨らんだ。
  4. 腹式呼吸で息を吐いたら肩が揺れた。
  5. 腹式呼吸で息を吐いたら下腹部が柔らかくなった。
クリックして解答を表示
Ans.1,2

 

問2(共鳴/5点)

以下は共鳴についてボイストレーニングガイドラインに則して記述したものである。
正しいものを選びなさい。(複数解答可)
また、解答が存在しないと思う場合には解答欄に『×』と記入しなさい。

  1. 共鳴を行うことで相対音感を高めることができる。
  2. 共鳴を行うためには喉を閉める必要がある。
  3. 共鳴を行うためには息の量を増やすことが大切である。
  4. 共鳴を行うために舌の先端を下の歯の先端裏側に付けた。
  5. 共鳴を腹式呼吸で行った。
クリックして解答を表示
Ans.1,4,5

 

問3(様々な発声/5点)

以下は発声について記述したものである。
ボイストレーニングガイドラインに則した内容として正しいものを以下から選択しなさい。(複数回答可)
また、解答が存在しないと思う場合には解答欄に『×』と記入しなさい。

  1. 高音の発声をする時は下の歯を見せることで声は抜けていく。
  2. どの母音の発声においても、舌の先端は下の歯の先端裏側にくっつく。
  3. 「オ」の発声を行う際、舌は硬直させる。
  4. 「イ」の発声を行う際、唇はすぼめる。
  5. 「エ」の発声を行う際、舌は下の歯よりも上に浮かない。
クリックして解答を表示
Ans.2

 

問4(表情筋/5点)

表情筋のストレッチの効果的な練習方法にはどのようなものがあるか。
ボイストレーニングガイドラインに即した内容で句読点含む13文字以内で答えなさい。

クリックして解答を表示
Ans. あいうえおの一分間運動or AIUEOの一分間運動

 

問5(スケール/5点)

下記はC#(ド#)を基音とした場合のダイアトニックスケールをオクターブ分書き出したものである。
空欄に当てはまる音を答えなさい。(和名・英名・伊名問わない)

C# D# (①) F# (②) A# (③) C#

クリックして解答を表示
Ans.①=F(ファ) ②=G#(ソ#) ③=C(ド)

 

問6(声区/5点)

以下は声区についてボイストレーニングガイドラインに則して記述したものである。
正しいものを以下から選びなさい。(複数回答可)
また、解答が存在しないと思う場合には解答欄に『×』と記入しなさい。

  1. チェストボイスとは、C3以上の音域を主に指す。
  2. ミドルボイスは男性はC2~C4、女性はC3~C5の音域を主に指す。
  3. ヘッドボイスは男女共にC5以上の音域を主に指す。
  4. ファルセットやシャウトは基本的にヘッドボイスの領域である。
  5. スーパーヘッドボイスとホイッスルボイスは同じ声区を指す。
クリックして解答を表示
Ans.3,4,5

 

問7(ロングブレス/5点)

以下はロングブレスの注意点についてボイストレーニングガイドラインに則して記述したものである。
正しいものを以下から選びなさい。(複数回答可)
また、解答が存在しないと思う場合には解答欄に『×』と記入しなさい。

  1. 安定したブレない息を吐き続けることが出来るかどうか。
  2. 45秒以上出来ているかどうか。
  3. 20秒以上発声が 出来ているかどうか。
  4. 歯と歯の間から「スー」という息のきれいな音が出ているかどうか。
  5. 途切れずに吐き続けることが出来るかどうか。
クリックして解答を表示
Ans.1,2,4,5

 

問8(リップトリル/5点)

以下はリップトリルについて記述したものである。
ボイストレーニングガイドラインに則した内容として正しいものを以下から選びなさい。(複数回答可)
また、解答が存在しないと思う場合には解答欄に『×』と記入しなさい。

  1. リップトリルは声帯の緊張を和らげる効果がある。
  2. 息だけのリップトリルでは、表情の緊張を和らげる効果はあるが舌の緊張を和らげる効果は無い。
  3. ロングトーンのリップトリルを、15秒以上を目標に発声した。
  4. リップトリルは胸式呼吸でも構わない。
  5. 息だけのリップトリルを、45秒以上を目標に行った。
クリックして解答を表示
Ans.1,2,5

 

問9(音楽理論/5点)

以下は楽譜を記譜する際に使う音符や休符、記号などについて記述したものである。
正しいものを以下から選択しなさい。(複数回答可)
また、解答が存在しないと思う場合には解答欄に『×』と記入しなさい。

  1. 一定のテンポを保った同一曲において、「4分音符2つ」と「8分休符4つ」の拍の長さは同じである。
  2. 一定のテンポを保った同一曲において、「付点4分音符1つ」と「8部音符2つ+16部音符
    1つ」は同じ長さである。

  3. デクレシェンドとは、「だんだん弱く」という意味である。
  4. 楽譜の調号について、5線に♭が1つの場合、その曲のキーはF(ヘ長調)である。
  5. ヘ音記号もト音記号も一筆で書くものである。
クリックして解答を表示
Ans.1,3,4

 

問10(音の関係性/5点)

B♭(シ♭)を基音とした場合の長3度、及び完全5度の音を答えなさい(和名・英名・伊名問わない)。
B♭(基音) 長3度(①) 完全5度(②)

クリックして解答を表示
Ans.①=D(レ) ②=F(ファ)

 

問11(ボイスポジション/5点)

以下はボイスポジションについて記述したものである。
ボイストレーニングガイドラインに則した内容として正しいものを以下から選びなさい。(複数回答可)
また、解答が存在しないと思う場合には解答欄に『×』と記入しなさい。

  1. 歌の中で共鳴を失ってしまったためボイスポジションを再確認した。
  2. ボイスポジションの選定のため、男性生徒に対してまずC5の音を発声してもらった。
  3. ボイスポジションの選定のため、女性生徒に対してまずC5の音を発声してもらった。
  4. ボイスポジションを選定するため、まずミックスボイスから発声してもらった。
  5. D4がボイスポジションの生徒が、一年後にはE5がボイスポジションに変化する可能性もあ
    る。
クリックして解答を表示
Ans.1

 

問12(抑揚/5点)

以下は抑揚について記述したものである。
ボイストレーニングガイドラインに則した内容として正しいものを以下から選びなさい。(複数回答可)
また、解答が存在しないと思う場合には解答欄に『×』と記入しなさい。

  1. 声に抑揚をつけるために息の量を2倍に増やした。
  2. 声に抑揚をつけるため、腹横筋の力を抜いて声に張りを出した。
  3. 抑揚トレーニングのため、3度開いた音を交互に発声し続けた。
  4. 抑揚は多少力づくになっても仕方がない。
  5. 腹横筋が外側へ押し出ると声に張りが無くなる。
クリックして解答を表示
Ans.3

 

問13(ビブラート/5点)

以下はビブラートについて記述したものである。
ボイストレーニングガイドラインに則した内容として正しいものを以下から選びなさい。(複数回答可)
また、解答が存在しないと思う場合には解答欄に『×』と記入しなさい。

  1. ビブラートを行う時は胸式呼吸では絶対にかからない。
  2. ビブラートを長く行う程に下腹部は外側へ張っていく。
  3. ビブラートを行う時、腹横筋は緩んでいく。
  4. ビブラートを行う時は喉の開け閉めを交互に繰り返して行う。
  5. ビブラートの際の腹部筋肉の使い方はロングトーンの時と同じである。
クリックして解答を表示
Ans.4,5

 

問14(喉のケア/5点)

以下は喉のケアについてボイストレーニングガイドラインに即して記述したものである。
()に当てはまる適切な語句を答えなさい。(全問正解で正解とする)
※Bの答えはカタカナ表記のみとします。

風邪は鼻腔から咽頭にかけての繊毛が破壊され毛細血管が充血している状態であり、無理に声を出せば(  A  )結節の原因になる。嗄声になり声帯にタコができAと同じような症状に(  B  )と言うものがある。手術をしなければ(  B  )は取り除けない場合もある。ちなみに風邪の場合、(  C  )まで炎症がある場合は腹式呼吸の練習も厳禁である。

クリックして解答を表示
Ans.A=声帯 B=ポリープ C=気管支or肺

 

LINEで送る
Pocket