2020年9月度 JAVCERT 過去問題

LINEで送る
Pocket

問1(腹式呼吸/5点)

以下は腹式呼吸について記述したものである。ボイストレーニングガイドラインに則した内容として正しいものを以下から選択しなさい。(複数解答可)
また、解答が存在しないと思う場合には解答欄に『×』と記入しなさい。

  1. アタックのある発声をするためには腹式呼吸が必要である。
  2. 腹式呼吸で息を吸う時は全身の力を抜く必要は無い。
  3. 腹式呼吸で息を吐くと腹横筋と下腹部(丹田)は連動して硬くなる。
  4. 腹式呼吸で息を吸ったら横隔膜は上へ押し上がる。
  5. 腹式呼吸を行うことで肩は揺れる。
クリックして解答を表示
Ans. 1、3

 

問2(共鳴/5点)

以下は共鳴についてボイストレーニングガイドラインに則して記述したものである。
正しいものを選びなさい。(複数解答可)
また、解答が存在しないと思う場合には解答欄に『×』と記入しなさい。

  1. 共鳴を行うためには喉を開く必要はない。
  2. 共鳴した発声が出来れば声がマイクに乗りやすくなる。
  3. 共鳴を行うためには息を大量に使う必要がある。
  4. 共鳴をマスターすることで相対音感が身につく。
  5. 共鳴を行うことで声帯の負担を軽くすることが出来る。
クリックして解答を表示
Ans. 2、4、5

 

問3(様々な発声/5点)

以下は各母音の発声について記述したものである。ボイストレーニングガイドラインに則した内容として正しいものを以下から選択しなさい。(複数解答可)

また、解答が存在しないと思う場合には解答欄に『×』と記入しなさい。

  1. 「U(ウ)」の発声を行う際、歯は完全に閉じた状態にする。
  2. 「E(エ)」の発声を行う際、舌の先端は下の歯の先端裏側にくっ付ける。
  3. 「O(オ)」の発声を行う際、唇はすぼめる。
  4. 「A(ア)」の発声を行う際、発音上、舌の真ん中が下の歯よりも浮く。
  5. 「I(イ)」の発声を行う際、歯と歯の間隔は小指一本分ぐらい開ける。
クリックして解答を表示
Ans. 2、3

 

問4(共鳴のメカニズム/5点)

以下は人体の構造について記述したものである。ボイストレーニングガイドラインに則した内容として正しい語句を( )に記入しなさい。

鼻の中には鼻腔が存在し、その奥には高い声を共鳴させる場所である( ① )があります。そして( ① )から舌の付け根まで空洞が広がり、この空洞全体を( ② )と言います。そして更に下に下がると気管と食道に分かれており、気管の入り口から少し下には( ③ )があります。

クリックして解答を表示
Ans. ①上咽頭 ②咽頭 ③声帯

 

問5(音の関係性/5点)

下記はB♭(シ♭)を基音とした場合のダイアトニックスケールをオクターブ分書き出したものである。
空欄に当てはまる音を答えなさい。(和名・英名・伊名問わない)

B♭ C D ( ① )( ② )G( ③ )B♭

クリックして解答を表示
Ans. ①=E♭(ミ♭) ②=F(ファ) ③=A(ラ)

 

問6(声区/5点)

以下は声区について記述したものである。ボイストレーニングガイドラインに則した内容として正しい語句を( )に記入しなさい。(全て正解で正解とする)

  • チェストボイスは、( ① )での共鳴レベルは低く、胸での共鳴が強い。
  • C3~C5くらいまでの音域は( ② )ボイスである。
  • ファルセットは( ③ )ボイスの領域である。
  • 低音も高音も限界に近づけば ( ④ )が多くなる。
クリックして解答を表示
Ans. ①上咽頭 ②ミドル ③ヘッド ④息

 

問7(発声練習/5点)

以下は発声練習について記述したものである。ボイストレーニングガイドラインに則した内容として正しいものを以下から選択しなさい。(複数回答可)
また、解答が存在しないと思う場合には解答欄に『×』と記入しなさい。

  1. スタッカートとは、「その音をハネさせて演奏する」という意味である。
  2. スタッカートの発声を練習する際、リズムは不規則でも良い。
  3. スタッカートの発声を練習する際、声を共鳴させなければならない。
  4. ロングトーンは30秒以上発声出来なければならない。
  5. ロングトーンは安定したブレない声を長く発声するトレーニングである。
クリックして解答を表示
Ans. 3、5

 

問8(楽典/5点)

以下は楽譜を記譜する際に使う記号について記述したものである。
正しいものを以下から選択しなさい。

  1. 4分の4拍子の曲では、一小節に四分音符3つ分の長さの音符が必要である。
  2. 付点四分音符は、八分音符3つ分と同じ長さである。
  3. 音楽記号の「アンダンテ」は「歩くくらいの速さで」を意味する。
  4. 音楽記号の「mp」は「マイナーピアノ」と読む。
  5. 音楽記号の「フォルテ」は「弱く」を意味する。
クリックして解答を表示
Ans. 2、3

 

問9(リップトリル/5点)

以下はリップトリルについて記述したものである。ボイストレーニングガイドラインに則した内容として正しいものを以下から選択しなさい。(複数回答可)
また、解答が存在しないと思う場合には解答欄に『×』と記入しなさい。

  1. リップトリルは声の緊張を和らげる効果がある。
  2. 息だけのリップトリルでは、表情(表情筋)の緊張を和らげる効果はあるが舌の緊張を和らげる効果は無い。
  3. ロングトーンのリップトリルを、15秒以上を目標に発声した。
  4. リップトリルは胸式呼吸でも構わない。
  5. 息だけのリップトリルを、45秒以上を目標に行った。
クリックして解答を表示
Ans. 2、5

 

問10(ソルフェージュ/5点)

以下はソルフェージュについてボイストレーニングガイドラインに則して記述したものです。
( )に当てはまる適切な語句を答えなさい。(全正解で正解とする)

ソルフェージュは、( A )を養うための基礎教育の総称である。
また、ソルフェージュは( B )と( C )の両面から( A )を高めていく練習です。

クリックして解答を表示
Ans. A=音感 B=聴覚(的視点) C=理論(的視点)(BとCは順不同)

 

問11(ビブラート/5点)

以下はビブラートについて記述したものである。ボイストレーニングガイドラインに則した内容として正しいものを以下から選択しなさい。(複数回答可)
また、解答が存在しないと思う場合には解答欄に『×』と記入しなさい。

  1. ビブラートを行う時は胸式呼吸では絶対にかからない。
  2. ビブラートを長く行う程に下腹部は外側へ張っていく。
  3. ビブラートを行う時、腹横筋は緩んでいく。
  4. ビブラートを行う時は喉の開け閉めを交互に繰り返して行う。
  5. ビブラートの際の腹部筋肉の使い方はロングトーンの時と同じである。
クリックして解答を表示
Ans. 4、5

 

問12(ボイスポジション/5点)

以下は歌唱レッスンの生徒に対して行うボイスポジションの活用方法について記述したものである。ボイストレーニングガイドラインに則した内容として正しいものを以下から選択しなさい。(複数回答可)
また、解答が存在しないと思う場合には解答欄に『×』と記入しなさい。

  1. 歌の中で共鳴が得られていたのでボイスポジションの再確認は行う必要は全くない。
  2. ボイスポジションの選定のため、最初に「E(エ)」を発声してもらった。
  3. ボイスポジションの選定のため、基本女性の生徒に対しては先ずC2の音を発声してもらった。
  4. 「E(エ)」よりも「I(イ)」の方が共鳴しやすそうだった為、「I(イ)」で発声してもらった。
  5. ボイスポジションも基本は母音「A(ア)」で発声出来なければならない。
クリックして解答を表示
Ans. 2、4、5

 

問13(抑揚/5点)

以下は抑揚について記述したものである。ボイストレーニングガイドラインに則した内容として正しいものを以下から選択しなさい。(複数回答可)
また、解答が存在しないと思う場合には解答欄に『×』と記入しなさい。

  1. 声に抑揚をつけるために息の量を2倍に増やした。
  2. 声に抑揚をつけるため、腹横筋の力を抜いて声に張りを出した。
  3. 抑揚トレーニングのため、3度離れた音を交互に発声し続けた。
  4. 抑揚は多少力づくになっても仕方がない。
  5. 腹横筋が外側へ押し出ると声に張りが無くなる。
クリックして解答を表示
Ans. 3

 

問14(表情筋/5点)

表情筋のストレッチの効果的な練習方法にはどのようなものがあるか。
ボイストレーニングガイドラインに即した内容で句読点含む13文字以内で答えなさい。

クリックして解答を表示
Ans. あいうえおの一分間運動or AIUEOの一分間運動

 

LINEで送る
Pocket