Session7【ファルセット】

LINEで送る
Pocket

ファルセット

ファルセットとは「裏声」とも言われます。
一番高い音域の「声区」、いわゆるヘッドボイス(Session8 参照)です。
ジャンルによっては、割と力の弱い声区とされていますが、ロックを歌う場合に力が弱くては話になりません(例:メタル系)。
ですから、ファルセットでも力強いパワーのある声の出し方も場合によっては必要だと考えます。

声量に関係なく、ファルセットはどうやって出せばいいのでしょうか。
以下は、その方法について解説して行きます。

  1. まず、口を「ア」の形にして下さい。
  2. 全身の力を抜いて下さい。特に肩から上の力を抜いて下さい。
    顎に力を入れたり、口の中に力を入れないようにして下さい。
  3. 上記の状態で、いわゆる裏声を出してみて下さい。
    この時、どこかしらに力が入っていてはNGです(特に舌が上がらないように)。
  4. 力の抜き具合がファルセットを安定して出すコツになります。
    喉に力が入ったり、閉まっていては、絶対にか細い音しか出ません(もしくは全く出ません)。
  5. 横隔膜を一気に腹式で押し上げて下さい。
    高音なので、パンチのある空気が必要です。
    輪郭のある空気の状態は、パンチがありファルセットにも芯が出ます。
  6. ファルセットを発声する前に、もう一度確認して下さい。
    全身(肩、顎周り、お腹周り)が力んでいないかどうか。
    声を出す前から力んでいるケースがほとんどで、そのような状態ではファルセットでの「音のアタック感」は出せません。

ファルセットに関しては、「エ」の音が一番出しやすいと思われます。
ただ、「エ」ですと口の中の形(舌の状態)が分りにくいので、「ア」を例に説明してみました。
何度も言いますが、とにかくファルセットは力が抜けるかが重要です。
力が抜けている状態で、喉がしっかり開いていれば上咽頭で共鳴が起こります。
息のバランスも必要です。
高音になればなるほど、上咽頭での共鳴は必要になりますので、ファルセットはヘッドボイスの代表格と言えます。
ハミングで練習してみるのも手です。
ファルセットを出しながら、ハミングを行って『唇の振動』『鼻息の量』を調節してみてはどうでしょうか。
ファルセットは難易度が高い、まさに「高等歌唱技術」です。

LINEで送る
Pocket