Session2【腹式呼吸の練習方法】

LINEで送る
Pocket

1:腹式呼吸の練習姿勢~ボイストレーニングの練習姿勢~

「直立している状態で腹式呼吸を行う場合の姿勢」というより、
もっと基本的な「ボイストレーニングの発声姿勢」とはどういうものであるかを解説します。

まず、足を肩幅に開きます。
足のつま先が左右対称になる様にして下さい。

次に全身の力を抜いて下さい。
完全に力を抜くと、背筋は張らない状態でダラッとするはずです。
「この様な状態で発声ができるのだろうか?」という疑問ですが、勿論できません。
これではいけませんから、次に以下のことを行います。

頭の「つむじ」。
これを何かで吊り上げられている様に、天井に向かって引っ張って下さい。
そうすると力が抜け、背中がしっかり伸びて胸部も若干張った状態になります。
これが発声練習の際の基本姿勢になります。

「歌を歌う時もこの姿勢でなければならないのか?」という疑問があるかもしれませんが、歌を歌う場
合は色々なアクションを行うものです。
突っ立っているだけではパフォーマンスとは言えません。

しかし、この様に力を抜いた状態で発声することを知っているのと知らないのとでは、
歌っている時にアクションを起こして動き回る場合でも、力の抜き加減をどうしたら良いのかの理解が違ってきます。
歌は「どれだけ力が抜けるか」でその人の技術が試されます。
力が入ればリズムも落ち着かないし、ピッチ(音程)も落ち着きません。

※生徒にレッスンを執り行う場合は、力を抜けば良いのである、とだけ教えると勘違いをさせてしまう可能性があるので説明には十分注意が必要です。
レッスン初期段階でも、将来的な完成形がどの様なものになるのか、先に教えることも大事です。

2:ドッグブレスの練習方法

Session1の「腹式呼吸のメカニズム」で少し話題に出た腹筋の「ON」と「OFF」をここで解説致します。

「ON」とは…お腹に力を入れている状態を指します。
逆に「OFF」の状態は、お腹の力を抜いている状態を指し、全く力が入っていない状態です。
「ON」「OFF」は今後歌を歌う際に、抑揚にも深く関連してきますので非常に大切です。

さて、ドッグブレスはこの「ON」「OFF」を使って練習をして行きます。
腹式呼吸を使って息を吐いたり吸ったりする運動を、スタッカートで行うことをドッグブレスと言います。
「ハッハッハッハッ…」と、まるで走り込んだ後の犬のような状態に近い音で息を吸う、吐く、を繰り返すのでドッグブレスという名称が付いています。
1秒弱の間に吸って吐いての動作を、1サイクルとして行います。
このサイクルを30秒ほど継続して練習して下さい。

Session1 で解説したお腹の動きは順調でしょうか?
腹式呼吸は相当難しいので、慣れるまで時間がかかると思います。
Session1 の「腹式呼吸のメカニズム」に書いた最後の注意点、「普段のお腹の形状まで戻すこと」がしっかり守られているかどうか確認しながら行って下さい。

ドッグブレスは「アタック」の練習でもあります。
このアタックとは、歌だけに使用する用語ではなく、楽器全般的に使用される用語です。
音の立ち上がりを表現するものです。つまり「アタックが良いね」とは鋭い輪郭のある音の出る瞬間を指します。
ドッグブレスを行う時の身体の状態をもっと具体的に説明します。
口は半開きの状態にして下さい。
例えると、喫茶店や電車の中などで居眠りをしている人の様な半開き加減で、指が1本入るか入らないかの上の歯と下の歯の開き具合となります。

息は鋭い息が出ていなくてはいけません。
例えば、自分の手のひらを口の前に持って来て確認して下さい。
生ぬるい温度の空気が出ていて、空気が出て来るのを感じない状態でドッグブレスを行っていては失敗です。
仮に1メートル離れていても吐いている息に“芯”を感じる空気を吐き出して下さい。

何よりも全身の力みを取りながら練習に励む必要があります。

3:ロングブレスの練習方法

ロングブレスは長く息を吐き続ける練習です。

-ロングブレスの注意点-

  • 安定してブレないで息を吐き続けることができるかどうか。
  • きれいな音が出ているかどうか(歯と歯の間から漏れる「スー」という音です)。
  • 45 秒以上できている(つまり吐き続けられる)かどうか。

上記3点が重要になります。

声は息が土台になりますので、ロングブレスを行う目的は主に声の安定感なのですが、高い声の張りの維持にもロングブレスは役立ちます。
従って、生徒にとってロングブレスの練習は必要不可欠です。
発声の基本は息です。

4:足上げ腹筋運動

足上げ腹筋運動は、腰に負担が掛かるので、腰の具合が悪い人などは無理に行わないこと。

-手順-

  1. 仰向けになって柔らかい布団やマットを敷いて横になって下さい。
  2. 顎を20 度ほど上向きにして下さい。
  3. 全身の力を抜いて下さい。
  4. 手を横に置いて下さい。
  5. 左右の膝をくっ付けて下さい。
  6. お尻から下の足をまっすぐに、膝をあまり曲げないで上げて下さい。
    20 度ぐらいの高さまで上げます。
  7. ゆっくり下ろします。
    床に着くまで下ろしてしまって構いません。
    下ろしきったら力を完全に抜いてまたお腹の力を「OFF」にします。
  8. 1セット15回として、これを3セット行って下さい。

以上です。

腹筋を鍛えるには有効なトレーニングですが、腰に負担が掛かりますので注意して下さい。
足上げ腹筋運動は腹式呼吸に使う腹筋を鍛えるために行う練習なのですが、腹式呼吸自体は腹筋をそれほど必要としておりません。
日常生活に必要な筋肉があれば十分できます。
足上げ腹筋運動の必要性は、腹筋の動きを知るためと考えて下さい。肉体改造などではありません。
ただし、プロのボーカリストなどの場合に2時間3時間といったステージが何日も続く場合は『基礎体力』として筋肉を腹部に付けることが必要です。
この場合はスポーツジムなどでパーソナルトレーナーと相談しつつ鍛えた方が良いでしょう。

―注意点―

  • 腰が悪い人は行わないで下さい(スポーツジムでも同様)。
  • 腹筋を鍛える際に脚の重みを利用して下さい。
  • 筋力がなくて難しい場合は1セット10回でも構いません。
  • 腰が悪い人は寝転んで足をこぶし1つ分上げるだけでも腹筋の動きが分かります。
LINEで送る
Pocket