抑揚をつけて話をする方法

LINEで送る
Pocket

今回は、抑揚について書いてみたいと思います。
話し方が単調になってしまうというお悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

特に、ビジネスにおいては、相手を引きつけるような話し方が必要になってきます。

抑揚をつけるには

元々抑揚というのは、声の調子を高くしたり低くしたり、声の大きさを強くしたり弱くしたりする事でつけるものです。

それだけでしたら、日頃から意識している方も多い事でしょう。
これ以外に大切な要素があります。

話し方のスピードを変える

まずは、話の内容によってスピードを変える事です。
基本的にははっきりした声で、ゆっくり話した方が相手に伝わりやすいですが、話の全てを同じ速さにする必要はなく、
・重要な部分だけを敢えてスピードをゆったりめに伝えたり、
・あまり内容のない部分はさらっと流すように話す
というやり方です。

これは、意外とやっていない方が多いです。
大切な部分は、繰り返し口に出すというのも効果的ですね。

間を作る

そしてもう一点は、話の途中で間をつくる事です。
これは、長過ぎても短か過ぎても不自然になってしまうので、効果的に使っていきたいものですが、相手の方との関係性によっても、『心地良い、ちょうど良い間』というのは変わってきます。

自分が普段どのように話しているのか、客観的に聴くのは中々難しく、意外とわからないという方が多いので、ボイスレコーダーなどを使って、一度録音して聴いてみる事をおすすめします。

どのようなスピードや間で話しているのか、是非確認して頂き、ビジネスやプライベートの場面でも役立てて頂きたいと思います。

新たな発見があるかもしれません。

当連盟では、有資格者で話し方のレッスンができるボイストレーナーのご紹介や、発声能力を向上する為の、一般の方が参加可能な講座を定期的に実施しています。
今の自分よりも、発声能力を高めたい、発声技術を磨きたいという方は是非、下記より詳細をご確認下さい。

ボイストレーナー紹介制度について

ボイストレーニング講座について

LINEで送る
Pocket