2014年6月度 JAVCERT 過去問題 問1~3

LINEで送る
Pocket

問1(腹式呼吸/5点)

腹式呼吸は主に歌唱時に用いられる呼吸方法である。
本来は下腹部を凹ませ息を吐き(発声)、腹部の緊張を和らげて息を吸う(ブレス)。
しかし、腹式呼吸で発声する際に腹部を全体的に拡張させる発声方法もある。
この場合、どの様な発声を行う場合に適しているのか、15字以内で答えよ。

クリックして解答を表示

突発的な高音発声の際

 

問2(足上げ腹筋運動/5点)

足上げ腹筋運動とは下腹部の筋力を鍛えるトレーニングである。
トレーニングの際の注意点も含めてトレーニング方法を詳細に説明しなさい。
文字数は問わない。

クリックして解答を表示

柔らかいマット等の上で仰向けになり、全身を脱力した状態を作る。
両腕は体の横へ配置。
顎を20度程度上向きにし、両膝はくっ付けた状態にする。
上記の状態を保ったまま、70度ぐらいまで両足をゆっくり真っ直ぐ上げ、ゆっくりと降ろす。
足を降ろしきったら全身を脱力する。
この動作を1回として15回/1セットを3セット行う。
注意点としては腰が悪い生徒には行ってはならない。
また体力的に困難な生徒の場合は10回/1セットを3セット行う形でも良い。

 

問3(声優レッスン/5点)

声優がボイストレーナーに求めるレッスンは大別して2パターンである。
◆役者としての発声能力の向上
◆歌唱力の向上
声優をトレーニングする際に間違っている内容を次の4つから1つ選べ。

  1. 声優は演じるキャラクターによって声色を変えなければならないので、歌のボイストレーニング時もキャラクターを変える方法を教えなければならない。
  2. そもそも声優は喉を閉めて発声する職業なので、喉の開き方にあまりボイストレーナーは拘らずトレーニングを施した方が良い。
  3. 声優は腹式呼吸を使う仕事ではない為、腹式呼吸を教えずにトレーニングを行うべきである。
  4. 怪獣の鳴き声を担当している声優がいて喉を故障した場合、トレーニングは中止せず回復するまでは発声を行わないトレーニングをするべきである。
クリックして解答を表示

3

 

試験問題の公開について

日本ボイストレーナー連盟では、過去問題やボイトレのノウハウの公開を行っており、
メールマガジンにご登録頂く事でいち早く情報を受け取ることができます。

是非、メールマガジンにご登録下さい。

登録フォーム


 

LINEで送る
Pocket