2014年3月度 過去問題 問16-17

LINEで送る
Pocket

問16(表情筋/4点)

日本ボイストレーナー連盟ボイストレーニングガイドライン第一版では表情筋は『アイウエオの1分間運動』を推奨している。
『アイウエオ』の1分間運動とはどの様な練習方法なのか解答欄に記入せよ。文字数は問わない。

クリックして解答を表示

アイウエオの一分間運動とは、口の開き具合としては歯と歯の間は小指一本が入る程度(イの場合は歯は閉じる)。
その口の開き具合で表情のみを器用に動かしてアイウエオを1分間発声するもの。
効果としては表情筋を柔らかくする事が可能で、表情での表現力が歌唱中に乏しいボーカリストには効果的。

 

問17(ハミング/4点)

ハミングとは歌唱方法の一種としても用いられるが、ボストレーニングの観点からすると、練習方法の一環である事は明白である。
では、ハミングの的確な練習方法を解答欄に記入せよ。文字数は問わない。
(この設問では、的確な練習方法のポイントを抑えて回答出来ていれば加点される。)

クリックして解答を表示

ハミングは舌を平らにした状態を歯と唇と閉じながら発声する。
言い換えるならば「あ」の発声の状態で口を閉じて発声すると言っても良い。
この状態で、唇に声(音)が当たり、唇が振動しているならば声が前に抜けている証拠となるので、口を開けた状態でも声は抜けが良いという事になる。
『声の抜けは共鳴が出来ているから抜ける』というのも同時に言えるので、ハミングは共鳴の練習にもなるのである。

 

試験問題の公開について

日本ボイストレーナー連盟では、過去問題やボイトレのノウハウの公開を行っており、
メールマガジンにご登録頂く事でいち早く情報を受け取ることができます。

是非、メールマガジンにご登録下さい。

登録フォーム


 

LINEで送る
Pocket