2014年3月度 過去問題 問10-12

LINEで送る
Pocket

問10(喉のケア/4点)

声帯結節を治療する方法を最低2つ挙げよ。

クリックして解答を表示

解答例
・耳鼻咽喉科で医療的処置を受けつつ声嗄れが無くなるまで極力筆談で日常を過ごすこと。
・常に声帯を加湿し、保湿した状態を保つこと。

 

問11(マイキング/4点)

いわゆるロックミュージックの音色のバンドをバックに生徒を歌唱させる場合、『声の抜け』が必要となるがこの『声の抜け』とは何か、解答欄に記入せよ。文字数は問わない。

クリックして解答を表示

マイクに乗り易い声質のこと。
他の楽器に被らない帯域で、尚且つ楽器的に声を出すことがボイストレーニング上も制作現場、ライブなどでも求められる。

 

問12(発声基礎/4点)

『ア』 の声を発声する場合の舌の位置で正しいものは次のうちどれか。
三つ選択せよ。

1. 下の歯になるべく舌の先端が付いていなければならない
2. 舌が中央に窪んだ形でなければならない
3. 舌が全体的に滑らかで力んだ状態ではあってはならない
4. 舌が下がる事によって喉の奥の口蓋垂がしっかり目視出来なくてはならない

クリックして解答を表示

1. 下の歯になるべく舌の先端が付いていなければならない
3. 舌が全体的に滑らかで力んだ状態ではあってはならない
4. 舌が下がる事によって喉の奥の口蓋垂がしっかり目視出来なくてはならない

 

試験問題の公開について

日本ボイストレーナー連盟では、過去問題の公開を行っており、
メールマガジンにご登録頂く事でいち早く情報を受け取ることができます。

是非、メールマガジンにご登録下さい。

登録フォーム


 

LINEで送る
Pocket