2013年12月度 過去問題 筆記試験 -問18-

LINEで送る
Pocket

問18(歌唱法/4点)

発声指導においては、自分の歌声の良し悪しをいかに判断するべきかという、他の楽器とは異なる人声特有の大きな問題が横たわっている。自分の発した声を客観的に聴くことができない理由として最も適当なものは次のうちどれか。一つ選べ。

1.歌唱中は歌うことに集中しているために客観的な耳を持つことが難しいから。
2.鼓膜で振動を感じてから神経を伝わり、脳へ声が伝わるまでには時間がかかるから。
3.声が直接、内耳へと伝わっており、実際の声とは異なるから。
4.言葉を発音するために、本来の声とは異なる音が体内で共鳴しているから。

クリックして解答を表示

3. 声が直接、内耳へと伝わっており、実際の声とは異なるから。

 

試験問題の公開について

日本ボイストレーナー連盟では、過去問題の公開を行っており、
メールマガジンにご登録頂く事でいち早く情報を受け取ることができます。

是非、メールマガジンにご登録下さい。

登録フォーム


 

LINEで送る
Pocket