2013年12月度 過去問題 筆記試験 -問10-

LINEで送る
Pocket

問10(共鳴基礎/4点)

とりわけ高音を発声する場合の共鳴において、共鳴の方法について指導する際に母音だけではなく子音を伴った言葉を発声し、子音の調音を利用することによって鼻腔への息の流れを促すやり方がある。その際に適していると考えられる子音は次のうちどれか。一つ選べ。

1. s
2. h
3. b
4. n
5. l

クリックして解答を表示

4. n

 

試験問題の公開について

日本ボイストレーナー連盟では、過去問題の公開を行っており、
メールマガジンにご登録頂く事でいち早く情報を受け取ることができます。

是非、メールマガジンにご登録下さい。

登録フォーム


 

LINEで送る
Pocket