高音を出すと喉がカサカサします

LINEで送る
Pocket

【質問タイトル:『高音を出すと喉がカサカサします』】

高音をロングトーンで出そうとするとカサカサ喉がして咳が出てしまいます。
やはり発声方法に問題があるのでしょうか?
もしくは身体的な部分でもう限界を感じているのでしょうか?
さらには我慢して頑張って歌っていればその内に改善されるものでしょうか?
低音や中音に関しては咳が出る事なくちゃんと発声出来ます。

非常に苦悩しております…
改善方法を是非教えてください!

【連盟技術担当スタッフ:『高音を出すと喉がカサカサします』】

お疲れ様です。
連盟技術担当スタッフです。

低音・中音域……これらが咳が出る事が無くしっかり声が出ているのですね。
ここが参考になりました。

低音はご存じの通りチェストボイスを使い発声致します。
息の量を多めに吐き胸で共鳴させながら発声をするのがチェストボイスです。
それにより厚みが声に出て、声の広がりや太さを感じさせる事が出来るわけです。

従いまして恐らく高音も傾向としてチェストボイス気味なのではないでしょうか?
息の分量が高い声の発声に対して過剰なのだと推測します。
そして、それにより上手に声帯が閉じない…空気で声帯に摩擦が強く生じる事によりカサカサになるのだと考えられます。

と、推測する事は可能なのですが、実際にはJAVCERT勉強会で担当するボイストレーナーに質問してみるのが良いでしょう。
連盟紹介のボイストレーナーに師事されるのも良いと思います。

LINEで送る
Pocket